マツの受難


マツで代表的なのがアカマツとクロマツの2種

どちらも乾燥した土地でもよく育ち、材は固くて丈夫

樹皮が赤いのがアカマツ、黒いのがクロマツとされているが正直よくわからない

それより葉っぱ触ったほうが確実だよ!

先っぽ触って痛かったらクロマツ、痛くなかったらアカマツ




クロマツは高木の中では潮風に対してトップクラスの耐久性を持つので海辺に植栽されることも多いです

襟裳とか有名ですね

しかしクロマツ並に乾燥や塩気に強い高木はほとんどないので

必然的にぼっちです




でもマツノマダラカミキリにつく線虫の外来種「マツノザイセンチュウ」により

全国的にクロマツが枯れ始めています

ちなみに在来種(こっちはそんなに枯れない)もいますが

名前は「ニセマツノザイセンチュウ」

逆じゃねえのかそれ




マツノザイセンチュウのせいでどんどんクロマツが枯れていってるので

海岸林消滅→潮風が直に市街地や農地に!→建物は劣化が早まり野菜は枯れる、あと津波こわい→ヤバイ

という悲劇を防ごうと他の樹種に移行しようという動きもあります

ただ確実な移行方法はまだ分かっていないのが現状のようです




マツノザイセンチュウはマツノマダラカミキリと海を超えた運命的な出会いを果たした…

それなのにクロマツときたら




ひとりぼっちの彼女に愛の手を!




海岸林の移行ができてもクロマツが滅び行くことには変わらない点…

線虫に抵抗性のある新品種はよ





このクロマツちゃんを描いていた頃バレンタインが近くて

こんなんを描いていたんですがツイッターにアップするのをすっかり忘れていました

てへぺろ





2 モミとスギの憂鬱

4 心理的瑕疵あり

戻る

inserted by FC2 system